忍者ブログ

純のブログ

処方アフターピルにも処方中用量ピル

処方アフターピルにも処方中用量ピルにも、女性ホルモンがたくさん含まれており、それによって無理に生理を起こすのです。
アフターピルも中用量ピルも一般的には同じように、緊急避妊に対応することができます。
しかし中用量ピルの方が、緊急避妊のためには2度飲む必要があるなど摂取が面倒なので、現在処方としてはアフターピルが中心となっています。
そしてもう一つ理由があり、それが副作用の問題なのです。
人工的に生理を起こさせるということでは、どちらも体に負担を掛けることになります。
特に中用量ピルの方が、アフターピルに比べて強い副作用があり、そのため医師はできるだけアフターピルを処方することが多いのです。
中用量ピルもアフターピルも、日本では医師からの処方でしか購入できないので、保険外診療ということで費用も高いものとなります。
特にアフターピルの価格は1回分でも1万~2万円と相当高額です。
それに比べ中用量ピルは3000円~8000円と、比較的使用しやすい価格なので、中用量ピルを処方してもらっている人が結構いるのも現実です。
しかしどちらもネット通販などを利用すれば、日本でも自分で購入することができるので低価格で購入することができます。
そのため医師の処方ではなく自分で購入する場合は、それでればできるだけアフターピルを選ぶようにしましょう。
医師のサポート無しで飲む場合は特に、副作用はできるだけ少ないものを選ぶようにすべきです。

   
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カテゴリー